歯科助手の仕事

歯科助手というのは、医療機関という職場で働く職業ありながらも、堅苦しさがなく、楽しく働ける仕事です。
私も助手の一人ですが、医療系の仕事を目指す方に、是非、おすすめしたい職業だと思います。

仕事内容歯科クリニックが主な就職先で、医師や歯科衛生士をサポートする職種です。
国家資格を持った医療人を支える重要な人材ですが、歯科助手自体は国家資格が必要なく、民間の資格を取得していれば、十分に業務をこなすことができます。

私もそうでしたが、難しい勉強や、難易度の高い資格を目指すのは、どうも気が進まないものでした…。
でも、「なんとか、医療業界で活躍したい!」なんてわがままな希望を持っていたので、初心者でも取得しやすい民間資格でも働ける職業はないかと探していたところ、助手の仕事を見つけたというわけなんです。

歯科にも色々な種類があって、普通の歯科医院から矯正歯科や審美歯科とあります。
本当に今はたくさんの歯科医院があり、働く形態も多種多様になりました。
実の所私が歯科医院で働きたいと思ったのは、以前矯正治療でお世話になった歯科医院の雰囲気が良くて、仕事をしているスタッフさんを見ても、楽しそうに和気藹々と仕事をしている風景を見たからなのです。
そこは一度勤めると長い期間勤務をする事が当然のような感じで、そう考えると居心地が良いって事ですよね♪
ちなみに、名古屋 矯正歯科さんだったのですが、矯正でもお世話になり、自分の仕事で目指す方向性でもお世話になりました。
今は矯正治療で歯並びも良くなっているので、歯科医院で働くにはうってつけ?のような感じです。
やはり患者さんとしても、歯科医院のスタッフさんこそ歯が綺麗でいて欲しいと思っているのかな~と。

歯科助手の仕事内容とは?

基本的には、受付、会計、カルテ管理、レセプトなどの事務作業が多いですね。
こちらは、毎日淡々とこなせる業務ですので、特に問題はありません。
同僚のスタッフはとてもやさしくて気遣いできる方たちばかりなので、協力しながら楽しく業務ができて、とっても良い環境で仕事ができていますよ。

あと、実技的な能力が必要なのは、治療器具の準備と治療材料作りですね。

助手の仕事私が最も得意としている仕事は、仮歯を作るときに使うシリコンを練る作業です。
既に歯型を取って石膏で固めた模型にかぶせて型を取り、そこに樹脂を流して仮歯となるものを作る作業です。
患者さんの治療に直接関われない助手ですが、間接的に関わることができる作業ができることは、とてもうれしいものです。

遊び気分で仕事をしているわけではありませんが、この作業はホントに楽しいですね。
自分の最も得意で自信がある分野と言えます。
それに、自分が作成に関わったものを患者さんが実際に使うのですから、これほどやりがいのあるものはないと思います!

一方で、かなりの神経を使うのが、治療器具の消毒ですね。
患者さんの口の中に入れるものですので、いい加減な衛生管理をすることは決して許されません。
もちろん、細心の注意を払って繰り返し消毒していますが、心配性な性格が手伝って、毎日、気疲れしています。

でも、同僚のスタッフや医師からは、「過剰すぎるくらいの衛生管理が逆に良い。」と言ってもらえて、衛生管理においては、かなり信頼されています。

そして、治療器具の準備もまた、かなりの神経を使う業務です。
自分の準備支度次第で、医師の治療が左右されるわけですから、責任重大です。
患者さんがみんな同じ治療をするわけではありませんので、一人一人に合わせた器具の準備が必要です。

予約はいっぱいに詰まっていますので、他の作業をしながらの準備は楽なものではありません。
でも、どの職業でもそうですが、毎日業務をこなしている中で、コツをつかめば、上手に仕事ができるようになるものです。
なんだかんだ言っても、自然と必要な器具の準備は、スムーズにできるようになるものなんですね~。

医師と呼吸を合わせて、患者さんに必要な治療方法を見極めて準備ができるようになってこそ一人前だと思って、ツライとは思わずに、前向きに働いています。

このように、事務作業から技術を必要とする作業まで、毎日色々な仕事をこなす職業です。
毎日の業務に慣れ、自分のやりやすい仕事の仕方を身に付け、職場のスタッフをサポートできるとっても素敵な職種です。

最初が大変なのはどの仕事も同じですが、仕事が身に付き、サポートできる喜びよやりがいを、こんなにも感じられる仕事は、他にはないんじゃないかな~と思います。
歯科助手ひいきと思われるかもしれませんが、それほどすばらしいものだと思いますよ!